会社勤めよりも安定するフリーランス

フリーランスは不安定な働き方だと言われますが、能力次第の部分が大きくできる人はむしろ会社勤めよりも安定するともいえます。

会社勤めは経営者の力がなければ仕事が取れなくなり、自分に仕事が回ってこなくなってしまいますから、会社とともに運命をともにすることになってしまいます。

今の時代は大企業とて安全ではありませんから、サラリーマンであってもいつ仕事を失ってしまうかわかりません。



能力が高く転職も容易だという人手あれば心配をすることもありませんが、他の人と比較して優れた部分がないという人は会社が倒産すれば八方塞がりの状態となってしまいます。


一方、フリーランスの場合にはマネージメントも自らの仕事ですから仕事の管理は比較的容易であり、現在の状況というのを把握することができます。

そして、一定の仕事を取ってくることができるのであれば会社勤めよりも安定した生活をおくることも、決してないわけではないのです。



もちろん、それは相手の会社にもよることですから相手から仕事を打ち切られてしまって、仕事がなくなってしまうということもありますが、フリーランスであれば予めそのような事態を考慮にいれてあらゆる場所で保険をかけておくことができるため、ある日突然会社が倒産をするという憂き目にあわずに済みます。



また、稼げるうちに稼ぐことができる働き方なので同じサラリーマンと比較をして何倍、何十倍もの稼ぎを手にすることもできるので、仕事がなくなった時の蓄えをしておくことも出来るため実力があればサラリーマンよりも安定することは可能なのです。