質の高い仕事が求められる、フリーランスという働き方

雇用されて働いている人の多くがフリーランスという働き方に対して、漠然とした憧れを抱いていますが、現実は厳しく、実力本位の働き方であるといえます。

フリーランスの場合も組織に雇用され、働く場合がありますが、請け負う仕事ごとに雇用契約が結ばれることがほとんどです。



そのため身分や収入は安定しておらず、病気やけがのために仕事ができない状況が続けば、雇用されて働く人のような補償などを受けることはできず、無給の状態になってしまいます。多くの人がフリーランスで働く人に対して漠然とした憧れを抱いているのは、意に沿わない仕事であれば断ることができ、また報酬についてもその都度交渉が可能であるためでしょう。



けれども裏返して考えてみれば、常に仕事を探さなければならない状況であり、報酬についても安定していない状況にあるといえます。

フリーランスとしての働き方は実力がなければ成り立たず、仕事の質が低ければ依頼は減り、それがそのまま収入減につながってしまいます。

そのため常に品質の高い仕事をすることが求められており、非常に厳しい働き方であるといえます。

質の高い仕事をするためには自分に対する投資や機材類などに対する投資も必要ですが、そうした費用も収入の中から捻出していかなければならず、金銭管理の能力も求められます。



そのためフリーランスという働き方は組織に縛られず、自由度が高い半面、常に自分の実力を磨いていかなければならない働き方であるということもできるでしょう。