フリーランスとしての心構え

フリーランスになる場合には、サラリーマン以上に覚悟と自立が必要になります。
また、収入が不安定になったり、仕事がなくなってしまう可能性もあるので、将来設計などは立てにくいです。



さらには、収入が不安定なことにより、クレジットカードが作れなかったり、住宅ローンが組めないなどのデメリットがあることは覚悟しておく必要があります。
フリーランスは個人で仕事をする場合も多くなっています。

チームで仕事をすることもないし、仲間もいないので、自由ですが孤独でもあります。

一人で居ることがずっと続くこともあるので、寂しがり屋の人には向きません。一人で居ることが好きで、一人でも楽しめるような人が最適です。
一人になることを覚悟してフリーランスになった方が良いです。



また、フリーランスは幅広い業務を担当しなければならないことを覚悟しておいた方が良いです。仕事を選り好みすることはできますが、一人で何でもやらなければならないので、営業、業務、経理、広報、品質管理などを兼任することになる場合が多いのです。

フリーランスになって多くの人が予想していたよりも苦戦するのが会計処理や経理業務です。

もっと業務に集中できると思っていたが、予想以上に事務処理が多くて文句を言っている人も多いのです。



フリーでやっていく気があるなら、簿記や税法、会計、コンピュータなどにも強くなっておくべきです。

フリーになれば、楽に効率よく稼げることが多いですが、良いことばかりではないことを知っておくべきです。